HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  タイ  »  三島由紀夫の見た寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三島由紀夫の見た寺

D70_0851.jpg 



三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台となった、

ワット・アルンラーチャワラーラーム。

「アルン」は暁の意味。


バンコクを代表する寺院、ワット・プラケオ

(地球の歩き方に「旅行者なら誰もが訪れる」と書いてある)に、

僕はバンコクに1ヶ月いながら行けなかった。

入場料が高かった(約1500円)からだ。

でも、このワット・アルン(入場料約150円)には行けた。


三島由紀夫の見た大仏塔が、

威風堂々とバンコクの蒼い空に突き立っていた。



ブログランキングに参加しています。
この旅行・海外写真のバナーを押していただくとポイントが入ります。
1日1回、ポチッと応援お願いします!
   ↓  ↓

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ 
にほんブログ村


タイ/バンコク/ワット・アルンラーチャワラーラーム
Nikon D7000+SIGMA8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
Comment
Comment Form
Trackback
Trackback URL
ランキングに参加しています。
ポチっと応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
プロフィール

 Y.W

Author: Y.W

都内在住28歳カメラ小僧。
旅と写真が好きです。
誰かに見て欲しい、
旅のシーンを載せています。
写真はニコンのデジタル一眼レフ
D7000とD40で撮影しています。

「たびねす」
という旅行サイトに記事を投稿しています。
http://guide.travel.co.jp/navigtr/455/

ご覧いただけると嬉しいです。

プロフィール
詳細はこちら

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
最新記事
カテゴリ
トラコミュ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。